研究結果報告書

研究結果報告書12・ロータリーエンジンについて思う事

③ロータリーエンジンに否定的だった以前の私。

「市販していいレベルじゃないでしょう(笑)」。平成5~6年ごろ、私は整備士資格を取るべく勉強していく中で「ロータリーエンジン」について学びました。理論上は確かに効率の良いエンジンです。レシプロエンジン(普通のエンジン)と比較して考えてみても目から鱗の構造です。しかし、その構造上エンジン内部のシール類がすり減ってしまい10万キロごとにシール類を交換しなければならないのだそうです。つまりエンジンオーバーホール。エンジンを降ろし、分解して洗浄。悪い部品を交換して組み上げ、また載せる。エンジンはレシプロエンジンと比べて小さいエンジンですが、素人が手を出せる事ではないです。プロでもマツダのディーラーか、専門に修業を積んだ業者でなければ成せない技です。「有り得ない。」これが当時の私の考えでした。

Today's Schedule