研究結果報告書

研究報告書8・ヘッドライトの磨き

①なぜ、黄ばむのか?ヘッドライト。

先日から営業車となったインスパイア。よく見るとヘッドライトが黄ばみ始めています。街中を走っていると、かなり多くのクルマに「ヘッドライト黄ばみ」現象が現れております。中には車検が通るのか疑うようなレベルのものも。原因は、紫外線・洗車傷・熱と言われております。大昔のクルマだとヘッドライトはガラス製だったのですが、現在はポリカーボネート製になっており、このような現象が起きるようになりました。ヘッドライトの黄ばみ除去は、中古車を扱う者にとって必須の技術であります。

②ポリカーボネートの特徴

なぜ、ヘッドライトはガラス製からポリカーボネート製へ変更になったかと言えば「利点」が多いからです。①透明度が高い②軽い③割れても飛び散らない④強度が高い⑤形成が容易。などがあげられます。半面デメリットとしては①傷がつきやすい②劣化しやすい。などでしょうか。どんな達人でも傷を付けずに洗車をするのは不可能です。細かい洗車傷に汚れが蓄積し、そこから紫外線、ヘッドライトの熱などによって徐々に黄ばみが発生し、放置すればまっ黄色になります。インスパイアのヘッドライトを見ても、垂直面より陽のあたりが良い水平面の方に汚れが多く見られます。

③下処理

これは下処理中の写真です。とりあえず汚れを全て削り落とします。よけい曇った感じになります。耐水ペーパーを使いますが、ここで仕上がりが決まると言っても過言ではありません。耐水ペーパーに抵抗がある方はコンパウンドでも落とせますが、恐ろしく時間が掛かるので耐水ペーパーによる下処理をお勧めします。汚れ具合に応じて、なるべく細めのペーパーで済ます方が後から楽です。深い傷を付けないように丁寧に、丁寧に汚れを削ります。削っては乾いた状態で汚れの落ち具合を確認し、何度も何度も、ペーパー目が均一になるように削っていきます。

④仕上げ

耐水ペーパーでの汚れ除去が終わったら、コンパウンドにより表面を再び平らにするべく磨きます。耐水ペーパーでの作業を丁寧に仕上げると、コンパウンドでの作業が非常に楽です。あっという間に再び透明度を取り戻していきます。ペーパー掛けが雑だと細かい線傷がいつまでも残って消えません。このあたりは何度も失敗して経験値を得ていくようになります。

⑤コーティングして完成

磨き終わってキレイになったら、最後にコーティングします。コーティングしても、やがて黄ばんでいく事は避けられませんが「やらないよりは絶対マシ。」です。丸裸のポリカーボネートをコーティングで包んであげましょう。これにより洗車傷を抑え、汚れの付着を少なくすることで透明度が持続します。これを読んで自分でやってみて「失敗しちゃった!」という方は、研究所へお越しください。お助けいたします。

1
Today's Schedule