新聞、ニュースなどで「若者はクルマ離れをしている。クルマに興味が無くなった。」と言われてます。本当でしょうか。

 

研究所では、若者がクルマに興味が無くなったのではなく、より魅力をもつ物達にクルマが勝てなくなってきた。と考えています。しかし楽しい事や魅力を感じる事が沢山あるという事は、世の中豊かになっている証拠だと思います。良い事です。

 

考えてみればクルマよりも他の事を優先する若者は昔からいました。彼女と結婚して家を建てたい。とか、温泉旅行が好きでお金を貯めたい。とか、お酒が好きで友達と月に2~3回は飲みに行きたい。など。「だからクルマはボロくてもいいんだ。」

 

人それぞれ優先順位はバラバラであって当然です。何も若者全員がクルマに興味がある必要はありません。それはそれで気持ち悪いですし。

 

ただそうは言ってもクルマの優先順位が高めの若者は沢山います。少なくとも私の周りには。

 

自分の持てる力で世の中に貢献できるとすれば、クルマの事ぐらいしかなくて「日本中古車研究所」を立ち上げました。なので、私の周りにはクルマに興味を持つ方が集まって下さっております。老若男女それぞれです。ありがたい事です。

 

先日、古いトヨタのRV車を買ってくれた若者が、社外品の灯火レンズ類を持ってきたので取付けを手伝いました。「カッコよくなったな~。」と2人でニヤニヤしてました。彼は確実にクルマ離れしておりません(笑)この次はグリルを交換しに来るそうです。楽しみです。

 

また、お買い上げいただいたクルマを大切に使ってくれている若者もいます。この前当て逃げされたらしくバンパーに擦り傷がついてしまい、ガッカリされてました。磨きで傷を消して差し上げたら大変喜んでいただきました。あの笑顔を見ると「この商売を始めて本当に良かったなぁ。」と思えます。

 

クルマを趣味として、あるいは大切に使いたいと思って下さる方々の為、今後ともお役に立って行きたいと考えております。

 

 

Today's Schedule