日本中古車研究所

研究所の休憩室

クルマとは娯楽の道具である。
日本中古車研究所を公開します

 ようこそ、日本中古車研究所へ

「実は前々から一度来てみたかったんですよ。」

初めてお越しになったお客様から、たまに言って頂きます。嬉しいお言葉です。

しかし、まだまだ多くの方は私のお店に入りづらいのではないかと思います。

昔から自動車販売店というのは敷居が高いです。個人の店舗は尚のこと。店の名前も特殊だし。

そこで私とお店を少し紹介させて頂き、もっと気軽に立ち寄れる場所と知ってもらえればと「研究所の休憩室」というコーナーを作ってみました。

商売を抜きにした雑談レベルの話題で進めて行こうと考えております。

いつまで続けるか分かりませんが、ご興味がおありでしたら是非お付き合いください!

ご挨拶がわりに初公開いたします。研究所の司令塔、私のデスクでございます~(^^)

ここでホームページを作成したり、他県の方たちとクルマを売り買いしたり、会計などの事務仕事をこなしたりしてます。ハードな仕事をした時は、ここでグッタリと休憩してます(笑)

 

 

 

ガレージ・その壱

通りかかっただけでは良く分からないと思いますので、ガレージ内を公開いたします。向かって右側です。

中央の扉はお客様スペースへと繋がっております。壁の一部を窓ガラスにして開放感のある雰囲気を演出。右側の壁には清掃道具を掛けてます。ご通行される皆様の目に触れないよう工夫しました。

天井にはLEDライトを追加設置。(といっても三脚が壊れた投光器をリサイクルした物)ここのスペースは外からの風雨、太陽光などの影響が少ないので、クルマのポリッシャー研磨作業時によく使います。納車前のクルマなど、外にだしたくない場合もここにしまうようにしています。

ガレージ・その弐

そして反対の左側。こちらは色々あるので目に付く自転車からご説明。

自宅に置いてましたが、外に出しておくとサビるんで部屋の壁に掛けてました。自粛生活中暇だったので部屋のテレビを壁掛けに改造しました。自転車がジャマになりました。そしてこうなりました。ちなみにフォードのエンブレムが付いてます。アメ車ですね。

次にアメ車の下にあるのが夏の相棒「草刈り機」。通販での安物購入だけあって買った時は調子悪かったのですが、キャブ調整して私好みにセッティングしてあります。今では絶好調。冬の相棒「除雪機」も居りますが、またの機会にご紹介しましょう。あとは説明する程の物でもないので気になるようでしたら直接お問合せください(笑)

こちらのスペースは、出入りしやすく風通しも良いし広く使えるので洗車に使用したり、軽い整備(オイル交換やタイヤ交換、ブレーキパットの交換、キャリパーオーバーホール、タイミングベルト交換、ダウンサス交換、マフラー交換、エンジン不調やオイル漏れ修理等。ん?軽くもないですか。)をしたり、車内清掃に使ったりしております。

壁の裏側

展示場の壁裏に造ったスペースです。ここは主に入荷してすぐのクルマを一時的に保管するスペースとなっております。

オークション落札直後のクルマは前のオーナー様が使用したままの状態であることが多いので、あまり人目に付かないようにしてます。それとお客様から依頼された鈑金修理のクルマも人目に晒したくないのでここに保管します。

自粛期間中ヒマだったので、ここにBBQ施設を造ろうかと思いましたが山火事のニュースを見て止めました。それに商売のスペースとプライベートのスペースは、分けておいた方が宜しいかと思いまして。事業主としてキチンと線引きしないといけません。

壁の表側

壁の表側は展示スペースです。ロゴマークと店名はステッカーで製作しております。北向きの壁なのでほぼ日照が無く、ステッカーが劣化する事は多分ありません。

照明はタイマー付きで少し前までは20時で消灯してましたが、世の中では電力が不足していると聞いたので19時30分で消灯することにしました。

展示スペースは水平ではなく少し傾斜させて造りました。クルマを出来るだけカッコ良く見せる事と、展示場で洗車した場合の排水効率を考慮しました。現在では何かとボディーに良くない事が分かったので、展示場での洗車は行っておりません。

当時は色々と考えて、日本中古車研究所を造ったもんです。

店内

店内の様子です。4人掛けのテーブル席が2組。ですがコロナウイルス感染予防対策として各テーブルから1席ずつ外し、お客様と私は一番離れた席に座るようにしています。特に商談の場合は会話数も多くなるので、手前の商談テーブルはパーテーションで仕切りました。

奥のテーブルは予備的に使っていて私は基本的に座りません。テレビを観やすいレイアウトにしてます。たまに修理の依頼もあるので待ち時間をくつろげるようにと。

キッズスペースはありません。持論を言わせてもらうとクルマの商談はお子様も同席した方が良いと考えています。こういった機会に交渉や駆け引きなどに慣れるためです。大人が思う以上に、子供は会話の内容を理解しています。非常に良い社会勉強になると思います。参加しないのは勿体ない事です。幼稚園や学校では教えてくれません。

1