研究結果報告書

研究結果報告書13・冬の洗車

⑥作業開始

まずは高圧洗浄機を使い汚れを吹き飛ばします。特にドアハンドルやバイザーの内側、パネルとパネルの隙間、ラジエーターグリルのあみあみ部分など、手洗いが困難な部分を重点的に洗って行きます。そして水圧だけでは落とせない汚れやホコリを、たっぷり水(今の時期はお湯)を含んだスポンジで撫でるように落としていきます。ちなみに高圧洗浄機は洗車で使うなら、そんなに高価な物は必要ありません。購入を考えている方がいれば、リーズナブルなもので十分ですよ。研究所では一日一台ぐらいのペースで展示車の洗車をしておりますが、2回に1回の割合で簡易的なコーティングを塗布しております。今年から新製品の「紫外線吸収剤配合高機能コーティング剤」に切り替えました。仰々しい能書きのコーティング剤ですが、製造メーカーは「一度塗れば2か月は持ちますよっ!」と言っております。もちろん信じてません(´▽`)

Today's Schedule